創業支援・経営改善・資金繰り

夢を実現させるために創業・経営革新のお手伝いをいたします。

いま、中小企業が存続・発展していくために重要なことは何か

いま、中小企業が存続・発展していくためにはその将来に向かってのビジョンが必要です。
特にリーマンショック以降の世界的規模での消費落ち込み等、非常に厳しい経済環境に適応していくためには「経営改善計画」は欠かせません。私たちはその将来に向かってのビジョンのお手伝いとして「経営改善計画の策定」をご支援いたします。

経営改善計画とは

収益力と財務内容の改善を行い、経営を安定化し、会社存続を図るための事業計画のことです。
また、 経営改善に対する経営者の姿勢を示すことによって金融機関の協力と理解を得るたの必要な資料となります。

経営改善計画のステップ8

ステップ1 計画の必要性を認識する

「経験と勘」「どんぶり勘定」の経営から脱皮し、計画の自発的な立案が必要なことを十分に認識します。

ステップ2 自社の現状を認識する

過去の財務諸表等の基礎資料を揃え、何が業績悪化の原因なのか見極めます。

ステップ3 事業内容、財務、収益の3分野から重要点をまとめる

「事業内容」「財務内容」「収益内容」
の3つの分野に分けて改善案をまとめます。

ステップ4 経営環境の変化を予測する

自社を取り巻く経営環境(経済・市場・業界・競合商品・他社等)の予測を適切に行います。

ステップ5 具体的な行動計画を作成する

各改善項目を掲げ「いつまでに」「どれだけの」改善効果を挙げるのか決めます。

ステップ6 キャシュ・フローを確認する

資金面で無理がないか検討します。

ステップ7 経営管理を徹底する

計画(Plan) 実行(Do) 検証(Check) 対策(Action)の経営管理サイクルを徹底して整備します。

ステップ8 継続的に業績検討会を行う
ISO 9001 認証事務所
経営アドバイス・コーナー
経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
事務所からのメッセージ
よくある質問
事務所セミナー・研修案内
社長メニュー
事務所発行物のご案内
税務カレンダー
採用情報
税理士法人京都合同会計は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
近畿税理士会所属

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。